小林産婦人科

〒534-0014
大阪市都島区都島北通1-14-24
TEL:06-6924-0934

避妊・ピル

赤ちゃんを望まない方は、しっかり避妊をしましょう。
避妊法には、排卵日を避けるオギノ式避妊法、ペッサリー、コンドーム、ピル、リング、あるいは手術療法などいろいろあります。
現在はピルとリングがよく使用されています。

ピルとリングの比較

ピル

リング

女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンが入っている薬で、排卵や月経を調整できます。そのため避妊にも使用されています。少し高価ですが、避妊の確実性は高く、手軽に飲用できるため、多用されています。副作用もあるため、使用の際には必ず医師とよくご相談ください。
子宮の中に小さな器具を入れ、受精卵が子宮内膜に着床しないようにします。避妊の確実性は高く、長期に渡り使用できるため料金も安価になります。お産をしたことがある方に向く避妊法です。
  メリット デメリット
ピル ・確実な避妊効果
・生理が定期的に来る
・生理痛の緩和
・生理の量が少なくなる
・生理不順による吹き出物が少なくなる
・副作用がある(定期検査が必要)
・やや高価(1年間で約36,000円)
・毎日飲まなければならない
・不正出血の原因となる可能性がある
リング ・飲み忘れの心配がない
・比較的安価(33,000円)
・ほぼ確実な避妊効果
・2年で交換
・出血や腹痛の原因となる可能性がある
・挿入時に軽度の痛みを伴う
・出産経験がないと入りにくい
ピルの副作用を軽減するため、現在低容量ピルが開発されています。
低容量ピルには、1相性・2相性・3相性ピルが開発されていますので、自分の体に合った薬を選んで使用しましょう。
Page Top